ぴろりんの山歩き

山登りの記録をメインに 旅行やキャンプ、 チョイと日常生活の話など レポしていく所存でございます♪

2010年02月

初心

「パパの独り言」コーナーですが今回はぴろりんの投稿ですペコリ(o_ _)o))

ヤフブロで知った山ヤさんがお山でケガをして、安全登山の心がけをしたためていました。
そのブログを読み、ぴろりんも改めてお山への畏れと心がけを戒めなきゃと思いました。

ぴろりん隊が3ヶ月程前に体験した事です。
ぴろりん隊には余りにもショッキングな出来事だったので、山での出来事にもかかわらず今までブログには書きませんでしたが、これからも楽しく安全な山登りをするために・・・最近ちょいと山に慣れ
調子こいてる自分達に警笛を鳴らす意味もこめ、今回あえて悲しい話しをブログにしました。


昨年の10月・・・それまで山への興味も知識も経験も何もないぴろりんは
「日本人なら日本一のお山富士山に登らなきゃ!!」と至って安直な思いつきで山登りを始めました。
まず身近な箱根に・・そして3回目の山行で丹沢デビューを。
2009年11月4日、初丹沢に選んだ山は無謀にも「檜洞丸」
この件はブログにも書いてあるとおり、相当大変な山行でした(^-^;
今思うと無謀この上ないパワーのみできりぬけた危ないものでした。山の神が無事に帰してくれた事に感謝です;;

この日は平日だった事もあり登山者は少なかったと思います。
そもそも西丹沢自体、静かなお山が多いらしいです。

ぴろりんの歩みはかなり遅く休み休みで山頂に着いた時は人もまばら、ガスっていて風も強かったので
山頂にいた人達も早々に下山していきました。

ぴろりん隊が息をととのえトイレ等済ませ、食事もしないまま下山を始めるも予定してた方面の急斜面にぴろりんがビビり、ピストンで戻る事に・・・また山頂まで登り返した時にはもう誰もいなく
当然これから登って来る人の気配は無い様でした。

20分程下った所にベンチがあったのでとりあえず昼食を摂る事にし、お湯を沸かしたりお弁当を広げ
準備をしてると、一人のご婦人が登ってきました。
ご婦人はベンチに座り、一緒に休憩しながら束の間おしゃべりをしていきました。
弟さんと一緒に来てる事。前に弟さんに連れてきてもらったこの山が大好きな事。松田の駅まで弟さんが迎えに来てくれた事。弟さんのお嫁さんが作ってくれたお弁当が楽しみでしょうがない事。
その弟さんが今日はバテてしまって途中から先に来てしまった事。自分は74才で弟と16才離れてる事。
練馬から来てる事。

年の離れた弟さんがかわいくてしょうがないんだな^^そしてかわいい弟さんとのお山登りがとても嬉しそうでした。15分程そんな話しをした後
「せっかく、ここまで来たから山頂まで行ってくるわね。もし弟が来たら、お姉ちゃん心配しながら山頂まで行ったよ。。。って伝えておいてください」と伝言を残し山頂に向かいました。

それから数分後、食事をしてると弟さんらしき人が下から登ってきました。
聞いてみると間違いなく弟さんで、お姉さんの伝言を伝えました。
弟さんは檜洞丸には何回も登ってるらしいのですが、「今回は初めてリタイアだ~~」
と言ってました。山頂はあきらめてここでお姉さんを待つ事にしたらしいです。

「私のはソフトバンクで携帯がつながらない」と連絡する事もできない様なので
ぴろりんの携帯で連絡を試みましたが(ぴろりんのドコモはアンテナがフツウにたってました)
お姉さんの携帯は留守電になってしまいました。

大丈夫かな・・と思いながらも、ぴろりん隊のペースだとそろそろ下山しなければ日が暮れてしまうし、
年齢こそぴろりん隊より高齢だけど山登りはベテランの様なので、そのまま下山しました。

ぴろりん隊が駐車場に着いた時には日が傾きかけていて、(思ったより時間がかかったので・・)
「あの人達、無事会えたかな・・ご飯まだみたいだったけど、のんびり食べてたら日が暮れちゃうじゃん
もうすぐそこまで下りてきてればいいけど・・・」
と心配はしたものの、そんな時の対処も何も知らない無知だった為、帰宅しました。



その訃報を知ったのはそれから何日もたった11月19日・・・
何気なくネットで見てたニュースで、「西丹沢で遺体をひきあげ・・・」
そのニュースで年齢や家の場所、姉弟での登山・・そして行方不明になった日付・・・
正にそのご婦人でした。山頂から下山方向を間違えて滑落死してしまったのです。
衝撃的でした。

後悔は後からたくさんでてきました。
おそらく最後に言葉を交わしたぴろりん隊がもう少し山を経験していたら
ここから山頂まで後30分以上登らなきゃならない事
弟さんとはぐれたままでだいじょうぶなのかという事
自信もって言葉にすることができたんじゃないだろうか。

ご婦人がズボンの膝を見せて「こんなにボロボロになっちゃったのよ~膝つかなきゃ上がれなくて
年とったのね~」と苦笑してたのを忘れられません・・・

心では「こんなに膝つかなきゃならなかったんだ~」と擦り切れたズボンを見て思ったのに
言葉では「私も同じですよ~もうよいしょよいしょ~ってかんじで四つんばいで上がってきました!」
なんて話しを合わせてて・・・

あのズボンを見て、ご婦人の体力が限界だという事に気づけなかった事もストップをかけられない原因でした。


あの事故の後、本やネットで山の知識や遭難についてなど、出来るかぎり読むようにしてます。
それでも山に登る以上、危険はつきものでまったく安全なことはありませんが
出来る限り安全に心がけ山への畏敬は忘れてはいけないと肝に命じ
ずっと続けられればいいなと思ってます。

あの時の衝撃を忘れないように
これからも楽しい登山をぴろりん隊は行っていきますヽ(*^^*)ノ

全国の山ヤさんみ~~んな楽しい登山が出来ますようにv(=∩_∩=)

不老山

不老山 (丹沢)‘10.02.14(日)曇り
イメージ 1
07:35  世附 Ⓟ
08:15  つり橋(登山口)
09:30  世附峠
10:30  南峰
10:40  不老山山頂
  (昼ご飯 60分)
12:15  番ヶ平
14:00  山市場バス停
15:45  世附 Ⓟ
イメージ 2
見ると渡ると大違い
 チョー コヮ!
イメージ 3
ここは雪国?
て言うか雪ありすぎ!!
イメージ 4
世附峠(よずくと読みます)
集落の名で今は
湖の底に沈んだと書いてました
イメージ 5
そろそろヤバイ
ドラえもん o((=゜ェ゜=))o
アイテムを!
イメージ 6
山頂!と思ったら
南峰でした
イメージ 7
今度こそ
不老山山頂

山頂からの展望はあまり良くありません。
イメージ 8

イメージ 9
山頂からの下りは
足跡がありません!
大丈夫?
イメージ 10
番ヶ平・ここまで
林道が来てます。
イメージ 11
最後のつり橋
やっぱ こわ~
渡って
すぐバス停なんだけど・・・

13日に『畦が丸』を予定してたのだが、悪天候 翌14日に、延期するも丹沢では、13日に雪が降った筈なので、初アイゼンの『畦ヶ丸』に、  ぴろりんはビビリ、急遽「不老山」に変更した。

天気予報では「晴れ」との事だったが
朝はまだ曇り・・・回復が遅れてるようだ。
でも風が無かったのでo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪

気温は低く、またしてもスキージャケットを着込みダサダサファッションでぴろりん隊は
世附の駐車場へ。。。
予定してた駐車場が閉鎖されてた為、更に奥の駐車場に停めるようになった。
今回のお山は山へのとりつきに40分下山後、駐車場まで1時間半位歩かなくてはならない;;(うまくバスの時間に合えば半分になるが・・・)

まずは登山口までの道路を歩いてると。。。
「どこの山行くの?」とおじさんに声をかけられた。
「不老山です」と答えると
「あ~左の山ね 右の山には今日鉄砲が入るからね~」と言われた

ふ~~ん・・・・何だか意味がわからずポケ~っと歩いてたら、パパが
「猟友会かね~何打つんだろうね~鹿かな。。キジかなあ。。」

((・0・。) ほほーっナルホド!そーゆー事か・・・・ってあぶね~じゃねーか!!
右のお山には間違っても迷いこむまい!!)

その後もまた違うおじさんに同じ事を聞かれデジャブ~な会話をし
車で通り過ぎざま「左の山には入らないからね~(^ー^)ノ~~いってらっしゃ~い」
・・・と暗に(お前らは右の山に入ってくるなよ・・)と念をおされた


さて登山口の吊り橋!ぴろりんがチョー楽しみにしてた吊り橋。
一人づつしか渡ってはいけないレトロな橋なのです。これがなかなか怖い!!
揺れる揺れる~。。ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ
パパは踊るピエロみたいに身軽に渡ってったがぴろりんはチョーへっぴり腰( ̄□||||!! 

後から聞いた話だが・・猟友会のおじさん達。。橋を渡るのをじ~~っと車から見てちゃんと左の山に入るか確認してたらしいw( ̄▽ ̄;w  (信用度ゼロ・・・あたしらそんなに怪しいかい!)


登りはじめるともう一面銀世界
新雪でそんなに滑らないのでアイゼンはまだ着けずに雪山を堪能する
雪がある分、石とか段差とか気にならなくいつもの山道より歩きやすい気がする(o^-^o)

そしてなんて美しい世界なんだろう~!!
白の世界はこれ程人を魅了するのかぁ~・・と普段ギャグのぴろりんも幻想的な景色に(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
雪山の魅力とはこうゆーものかとぴろりんもすっかりハマってしまった♪
白い無音の世界にたった独りでいるような錯覚に酔いしれる・・・w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!パパがいた!

目の前に毒々しい紫のジャケットを着たパパが!!現実にひきもどされ歩き出す。
気持ちが良いので歌をうたう♪雨は夜更けすぎに~♪by山下達郎(・・・チョット違うな・・・)
♪無口な人息は白くぅ~♪by GLAY(ウインターアゲイン!!おしこれだ!!)しばし熱唱。。
歌にのってズンズン歩けちゃう。
歌に飽きると木に積もってる雪をストックでコン!サラサラ~~っと落ちる雪の下で上を向き手を広げ
タラララララ~ン♪はい!!ヨン様ごっこ~(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

お戯れをしながらも、あっという間に山頂近くになり斜面がキツくなりだした。
ここでようやくアイゼンの出番
うん!(^^)それ程重くないv(=∩_∩=) 靴で歩くのと変わらないかんじで歩ける
便利なアイテムじゃあ~お宝じゃぁ~~O(≧▽≦)O

そして山頂へワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ・・・と思ったら南峰だった(ーー;
偽ピークかよ!!でもそこから10分位で山頂~
大きなテーブル付きベンチが一つ。雪を落としシートを広げランチタイム~。
このお山・・人が少ないらしい・・・ってこんな時期だからか??
山頂にはぴろりん隊だけしかいない。コーヒーもおかわりしてゆっくり休めた。

下山寸前に4,5人のPTが到着。ナイスタイミングでベンチを空ける事ができた。

下山道はまだ誰も通ってないらしい。
ウサギの足跡があるだけの道にぴろりん隊が足跡をつけていく・・(*'▽'*)わぁ♪感激だ♪
でも道迷いしない様にしなきゃ!!と少し緊張しながら下りていった。

少し下りると下から人の声・・・団体さんが反対側から登ってきた・・・
 ̄m ̄ ふふ パパのバージンロードもわずかだったのぅ~(ΦωΦ)ふふふ・・・・

脇によけ7,8人の団体さんに道を譲る。。一人一人に声をかけられる(;^_^A
どこから来た?とか山頂の様子とか初めて人に会ったとか雪男と雪女かと思ったぁ~とか・・Σ('◇'*)エェッ!??ってヾ(・ε・。)ォィォィ

そして・・・たくさんの足跡がつけられた道を行く。。。。(( T_T)トボトボ
パパは少しがっかりしてるようだ・・・(いいじゃないか!!道迷いの危険性がなくなったんだから!)

下に下るにつけお日様もでてきて雪が融けだしてるらしい。
木の上からバサバサ雪が落ちてくる。その内には雨の様に水が降ってくる;;;
晴れてるのになぜかビショビショになりながら下山 {(+ω+)}寒ううぅ~

山市場に下りバスの時間をみると1時間あるので諦めて歩いてく。。( ´△`)アァ-やだやだ・・
山道なら5,6時間平気で歩くぴろりん・・・道路になると10分でヘタれる┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
2時間近く歩いて駐車場まで・・・すると途中でまた猟友会の人が!!
「おお~山からずっとこっちへ回ったのかぁすごいな~大した馬力だ!!」
初めてヘナチョコ隊は人から褒められた(〃ω〃) キャァ♪

ゲンキンなものでそれまで下をうつむき「あ~イヤだイヤだ・・タクシー来ないのかな・・・」
とブツブツ文句を言いながら遭難者の様に力なく歩いてたぴろりんが褒められてニコニコ(*^.^*)に・・
「は~~い♪どうもぉ~v(=∩_∩=) 」と元気復活!!3倍の速さで歩き出すヾ(ーー )ォィ

パパもこんなヤツとの山行は大変だろう。。。
でも当分の間は脱退させませ~~んヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

不老山に行ってきました

02.14(日)ぴろりん隊は丹沢の不老山に行って来ました。

詳細については今週中にぴろりん隊長から報告します。
イメージ 1

石割山 (山梨)

石割山(山梨)‘10.01.31(日)晴れ  ぴろりん隊+みゆき 
イメージ 1
08:00  石割神社 Ⓟ
09:25  石割山山頂
09:55  平尾山山頂
  (昼ご飯 60分)
11;45  大平山山頂
12:10  飯盛山山頂
12:30  大出山登山口
イメージ 2
神社があると・・・始まりはいつも階段
これが一番つらい~
久方ぶり参戦のみゆき共々撤収
回れ右  おい!おい!おい!
イメージ 3
わ~ぃ やっと
  階段がおわった
イメージ 4
ヤバイみゆきに異変が
 休憩、ちょうどベンチが
イメージ 5
石割神社到着
 ここは八合目

石割山山頂からの展望 手前はこれから行く山々
イメージ 6

イメージ 7
平尾山山頂
どこまで行っても富士山が (^▽^)
かなり早いけど
富士をおかずに昼ご飯
イメージ 8
石割から歩いた山々
イメージ 9
これから登る大平山
手前はハンググライダー場?
イメージ 10
大平山山頂から
石割が段々遠くに
イメージ 11
飯盛山・長池山を越え
舗装路と合流
大出山手前から下山

ぴろりん隊は、軽アイゼンをゲットした。今年に入って2座連続で、雪山登山に四苦八苦したので、ついにお宝アイテムを手に入れた。 そこで、このお宝アイテムの練習に手ごろなお山をと、言う事で『石割山』をチョイスした。

今回は友達のみゆきも一緒に♪にぎやかな山行となった。
ぴろりん隊がネットで必死こいて、1円でも安い軽アイゼンを探し、パパのお小遣いにも
タカりまくって購入したアイゼン!
みゆきは金にいとめをつけず、山行の前日にフツーに通りすがりのスポーツ店で
購入してきたという・・・( ̄_ ̄|||)
しかも彼女・・・ゴアテックスなんちゅー夢のようなお宝も揃えておりました・・・(-_-メ)

そんなこんなで楽しい3人パーティで石割山へo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪

東名高速を快適に走行♪丹沢の山々が見えてきた。
丹沢経験者のぴろりん( ̄^ ̄) エッヘン
ここは先輩風をふかせてエラソ~~に山の説明をしなきゃ!!・・・と思いきや
こうして見ると何がどの山やら、さっぱりわからんヽ(~~~ )ノ ハテ??
ようやく一番わかり易い「大山」を発見!
意気揚々と「ほら~みゆき!!」と後部座席を振り返ると
・・・・あ・・寝てるのね・・まあ・・いいか・・。。。。(( T_T)トボトボ


でわ、そろそろ登山の話に・・・

石割山神社、登山口に入るといきなり気を失いそうな長い石段が一直線にw( ̄▽ ̄;wワオッ!!
クラクラしながら登りはじめる。一体、何段あったんだろ・・数えとけばよかったε-(;ーωーA フゥ…
石段を登りきり歩きやすい山道になる。
みゆきとおしゃべりしながらの山登りは楽しい(*´∇`*)
(パパと二人だと一方的にぴろりんの独り言だもんな・・・)

石割山神社には、高さ15mの割れた石(天戸岩)が奉られており
その割れ目を通る事ができる。
喪中の人は挟まれる?との言い伝えがあるらしいが・・・フツーに太ってると挟まれる(ーー;
当然みゆきもぴろりんも試してみます・・・・・

「あっぶね~~ギリだじぇ・・(;-_-) =3 フゥこれ以上は太れまい・・・」

神社を過ぎ一登りすると石割山山頂へ
ものすごい富士山!!圧倒される大きさ!こればっかりはどんな言葉でも表現しきれない素晴らしさだ。

(何か忘れてるような気がする・・・・)

少し休憩し次のお山、平尾山へ。  そう何をかくそう縦走なのだ(* ̄ー ̄)v
規模は少々小さいが・・・

(何か忘れてるような気がする・・・・)

平尾山の展望もすごい!ここで時間は早いがランチタイム♪
ポカポカ陽気でとても気持ちが良い(´▽`)はぁぁ・・♪

(*'へ'*) ンー何か忘れてる気が・・・・!!~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁw!!!!
雪が無い!!そうじゃん!今日はアイゼンの練習じゃんか!!<(゜ロ゜)>ノォオオオオオ!!
ここ最近の陽気と好天ですっかり雪がなくなってたガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

無いものはしょうがないので・・・
大平山、飯盛山、長池山と少しづつ標高を下げながら下山。
結局アイゼンの練習は出来なかったが景色はタップリ堪能でき、のんびり~おしゃべり~登山は
とっても楽しかった=*^-^*=

下山後の温泉は「紅富士の湯」 露天風呂から富士山が目の前!という広い温泉だv(*'-^*)b
気持ちいい~~♪
「山梨といえばぁ~ほうとうだよね~やっぱほうとう食べてかなきゃね~」
と3人一致で温泉施設の食堂で夕食を食べていく事に。

O(≧▽≦)O ワーイ♪ほうとう~ほうとう~当然ぴろりんはほうとうを注文。
みゆきは・・・天丼セット・・・(゜Д゜) ハア??
パパは・・・・カツ丼・・・・・(゜Д゜) ハア??(゜Д゜) ハア??

(なんで?なんで?さっきあんなに、ほうとう!!・・・って・・・)

とっても自由人なぴろりん隊3名の山行はさまざまな課題と疑問を残しつつ・・・
無事に帰宅となりました(○゜ε^○)v ィェィ♪
ブロ友登山隊
記事検索
タグ絞り込み検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ